ここから本文

法人向けソリューション

運営管理/メンテナンス

省エネ

運営管理による改善ポイントの抽出

保守管理を続けることで、新たな改善ポイントが無いかを抽出します。
継続して採取するデータに基づくので、経年劣化によるロスの抽出や、突発的な異常値などがあればすぐに発見でき、すばやく改善に結び付けられます。

モニタリング(エネルギー管理センター)

エネルギー監視システム「SA1シリーズ」では弊社が運用管理する「エネルギー管理センター」のクラウド上で、エネルギーの『見える化』が可能です。
エネルギーの見える化の他に、電力消費量の遠隔抑制を可能にする「電力需給調整サービス」や、蓄積されたデータを基に作成される「エネルギーレポート」「簡易エネルギー診断」等のサービスが受けられます。
※詳しくはSA1-MICOをご参照ください。

メンテナンス

機器・設備の保守点検、オーバーホールによって納入当初と同等の運転効率を回復することで、ムダを省き、省エネを図ります。

空気調和設備の点検、整備

●保守点検で突発の不具合を未然に防ぎます。

●オーバーホールによる能力回復で最大30%の省エネが可能です。

●機器寿命の延命化も図れます。

<重要なお知らせ> フロン漏洩点検について

平成27年4月より「フロン排出抑制法」として、業務用空調・冷凍機器の所有者に「簡易点検・定期点検」「フロンガスの充填に関する事」等、機器の所有者に対して以下の内容が義務付けられています。

①業務用冷凍空調機器の簡易点検・定期点検の義務化

②漏洩を発見した場合には速やかな漏洩箇所の特定及び修理を実施

③機器の点検・修理やフロン類の充填・回収等の機器整備に関する履歴の記録・保存義務

④算定漏洩量の報告

⑤機器を廃止する際はフロン類を回収しなければならない

違反した場合、最大で1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

詳しくはこちらをご覧ください。
定期点検等についてのお問合わせはこちらまで。

ページトップに戻る