ここから本文

関連製品のご紹介無線ユニットSWL30 > SWLEX-AD4(アナログ入力増設ユニット)
三菱
無線
デモ機無料貸し出し
デモ機
関連製品のご紹介
FA

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

SWL30
SWLEX-AD4(アナログ入力増設ユニット)

無線
SWLEX-AD4(アナログ入力増設ユニット)
SWLEX-AD4(アナログ入力増設ユニット)
子局に接続することで、子局のアナログch数を4ch増設できます。
子局1台あたり8台まで接続可能です。
親局(SWL30-CL)、子局(SWL30-XY08)は増設ユニット:SWLEX-AD4に対応しておりません。
親局(SWL30-CL)はソフトウェアのバージョンアップでSWL30-CL-E(Ver.2.10)に変更可能です。
詳しくは弊社販売窓口までお問い合わせください。子局(SWL30-XY08)は別途ご購入いただきますようお願いします。
ソフトウェア Ver対応表
親局(SWL30-CL-E) 子局(SWL30-XY08-E) I/O増設(SWLEX-XY16) アナログ入力増設(SWLEX-AD4)
Ver.2.00 Ver.2.00以降 ×
Ver.2.10以降 Ver.2.00 ×
Ver.2.10以降
アナログ入力増設ユニットは親局、子局共にS/W Ver.2.10の場合にご使用いただけます。
親局、子局はアナログユニットの販売と同時にVer.2.10にバージョンアップします。
無線
SWLEX-AD4 仕様
対 応 機 種
SWL30-XY08-E
電源仕様
項 目 仕 様
電源電圧
DC24V(DC21.6〜26.4V)
消費電流(DC24V時)
100mA以下
環境仕様
項 目 仕 様
使用周囲温度
0〜+55℃
使用周囲湿度
45〜85%RH(結露しないこと)
保存周囲温度
-10〜+65℃
保存周囲湿度
30〜95%RH(結露しないこと)
耐ノイズ
電圧:500Vp-p パルス幅:1μs 周期:25〜60Hz
耐振動
周波数:10〜150Hz 加速度:9.8m/s2 掃引回数:X、Y、Z方向 各10回
耐衝撃
加速度:147 m/s2 衝撃回数:X、Y、Z方向 各3回
使用雰囲気
腐食性ガスのないこと
外形仕様
項 目 仕 様
外形寸法
71(H)×130(W)×46(D)mm
重量
約200g
アナログ入力仕様
項 目 仕 様
入力ch数
4ch
入力レンジ
・ディジタル出力
・分解能
0〜10V ディジタル出力 0〜4000 分解能 2.5mV
0〜5V 0〜4000 1.25mV
1〜5V 0〜4000 1.00mV
0〜20mA 0〜4000 5μA
4〜20mA 0〜4000 4μA
精 度
0〜55℃ ±0.4%
25±5℃ ±0.2%
絶縁方式
チャネル間 非絶縁
MPU・通信系〜アナログ入力 フォトカプラ絶縁
電源系〜アナログ入力 トランス絶縁
増設ユニットリンク通信仕様
項 目 仕 様
通信方式
RS485
通信速度
76.8kbps
通信距離
最大通信距離:1000m
SWLEX-AD4 通信構成例
親局と子局の間でアナログ入力信号を無線通信します。子局にアナログユニットを接続することで、アナログ入力点数を増設することができます。I/O増設ユニット「SWLEX-XY16」と合わせて最大8台の増設ユニットが接続可能です。
システム構成の一例です。
SWLEX-AD4通信構成例
SWLEX-AD4 名称
SWLEX-AD4名称
名 称 説 明
POWER(電源LED)
点灯
電源ON時
消灯
電源OFF時
L.RUN(受信監視LED)
点灯
信号受信
点滅
ユニット起動後に局番スイッチ変更の際、点滅します
消灯
信号非受信
ERR(エラーLED)
点灯
エラー発生(無線通信OFF、子局電源OFF、誤結線など)
点滅
エラー発生(パラメータや局番設定スイッチの誤設定など)
消灯
正常
A/D変換許可CHモニタ
子局パラメータよりアナログ入力CHが変換許可に設定されたときに点灯、及びオフセットゲインモード時に点灯
オフセットゲインモニタ
オフセットゲインモード時に点灯
局番設定スイッチ
増設ユニット局番を設定
スクリューレス端子台
アナログ入力信号接続
ネジ端子台
ユニット電源、増設ユニットリンク接続
SWLEX-AD4 ダウンロード
ユーザーズマニュアル
<X903110801A>
SWLEX-AD4ユーザーズマニュアルPDF SWLEX-AD4ユーザーズマニュアルPDF (489KB)
C A D
(AutoCAD2000作成)
SWLEX-AD4_CAD SWLEX-AD4_DXF (2,195KB)
無線
戻る

ページトップに戻る