ここから本文

バリ取り・研磨システム

システム概要
樹脂成型品、鋳物の中子、小物金属部品のバリ取り・研磨作業を自動化します。
画像
  1. 作業者のスキルでバリ取り・研磨した製品の品質にバラツキがある。
  2. バリ取り作業エリアは粉塵が多く、装置が故障しやすい。
  3. 従来のロボットによるバリ取り・研磨は、ティーチング作業が多く長時間の調整が必要。
画像
  1. 力覚センサを使用し、製品に一定圧をかけ安定した加工を行います。
  2. 厳しい環境には、耐環境仕様ロボット(IP67)を活用します。
  3. バリ取り・研磨アプリケーションパッケージソフトの活用で、面倒なティーチング作業が大幅削減。(簡単ティーチング)

部品整列供給システム

システム概要
多品種の部品供給工程をパーツフィーダーを使わずに自動化することができます。
画像
  1. 段取替えの時間・手間がかかる
  2. 品種追加の場合、パーツフィーダーの増設が必要
  3. 部品形状の変更に対応しづらい
画像
  1. 段取替えはタッチパネルの変更のみで簡単に行えます
  2. 品種追加は画像設定と取出し姿勢登録で対応可能です
  3. 部品形状の変更はロボットが柔軟に対応します

トレーチェンジャー式部品供給システム

システム概要
トレーチェンジャーとロボットを組合せ、部品供給を行います。
画像
  1. 部品供給作業は単純な連続作業なので自動化したい
  2. 作業者による部品供給は、危険な作業なのでやめたい
  3. 装置の生産能力が、作業者の部品供給に依存し、不安定
画像
  1. トレーの段バラシと部品供給を自動化します
  2. 装置への部品供給をロボットが行います
  3. 自動供給により稼働率が安定します

組立システム

システム概要
嵌め合い・ねじ締め・組立・検査をロボットで行います。
画像
  1. 作業者のスキルに依存し生産能力にバラツキがある
  2. 手作業による組立ではミスが多い
  3. 複雑な作業のため長時間作業できない
  4. 組立後の検査精度にバラツキがある
画像
  1. 多様なストロークにより装置に合わせたレイアウトが可能になります
  2. 安定した速度制御で長距離の動作をスムーズに行えます
  3. 型替時にロボットが邪魔になりません
  4. ビジョンセンサ等にてバラツキの少ない検査を行います

ばら積み部品ピッキング・整列システム

システム概要
ビジョンセンサとロボットを活用し、各種部品のピッキングとトレイ整列を実現します。
画像
  1. ばら積み部品を、人手で取り出し整列作業を実施している。
  2. 現状の異なる部品整列には、部品ごとに専用機が必要

画像
  1. 形状が異なる部品も三次元ビジョンセンサで認識し、ロボットで取出しができます。 部品の整列は二次元ビジョンセンサで再確認し、ロボットがトレイに整列します。
  2. 部品形状に合わせたロボットハンドを活用し、整列作業を実施します。

ラベル検査システム

システム概要
製品付帯のラベル・印字等の全数検査を行います。
画像
  1. 一定時間単位でのサンプル検査であり、未検査製品での不良品出荷リスクがある
  2. 複数の検査ポイントを同時に検査するのが難しい
  3. 検査履歴を手書きで残すのが面倒
画像
  1. 全数検査を行い、不良品の誤出荷リスクを低減します
  2. 検査結果は全数蓄積することができます
  3. 複数の検査ポイントに対してはロボットで検査します

お問い合わせ

お見積もり

資料請求

ページトップに戻る