ここから本文

CC-Link IE コントローラネットワーク
GI型石英ガラス光ファイバケーブル
『QGシリーズ』

CC-Link IEコントローラ

特長

GI型光ファイバケーブル(1m単位で製作します)

  • 「CC-Link協会」推奨の試験に合格した光ファイバケーブルです。
  • 盤内用・屋内用・屋外用・屋外補強型と豊富なラインナップで、様々な環境に対応できます。
    安心してご使用ください。
  • 屋内用・屋外用ケーブルは細径、コード集合構造を採用することにより工場の狭い布設環境にも安心して使用できます。
  • 屋内用、屋外用ケーブルは、テンションメンバ無しで屋外補強型と同等の許容張力があり、直接けん引が可能です。
  • 屋外補強型ケーブルは防水特性があり、冠水・一時的な水没にも耐えられます。
  • 付属の保護ホルダを装着することにより、コネクタ根元の折損防止や盤内の省スペース化が図れます。
  • 曲げ特性を向上させたコネクタブーツにより、コネクタ根本の断線を低減します。
  • 1m単位でお客様ご指定の長さにて製作します。

UL認定光ファイバケーブル(QG-BU)

UL認定光ファイバケーブル
  • ULリステッド(UL TYPE OFNR)に対応しており、
    ULワイヤリング・ハーネス・プログラム(下記参照)を適用しております。
  • UL1666のライザー燃焼試験に合格した難燃性の高いケーブルです。
  • 外径が細いケーブルにより、布設環境の狭い場所にも使用できます。

可動部用光ファイバケーブル(QG-VCT)

可動部用光ファイバケーブル
  • 繰返し動作を行う可動部での使用が可能です。
  • 断線などによる交換作業にかかるロスコストを低減できます。
  • 金属を用いていないため、柔軟で可とう性に優れています。

ULワイヤリングハーネスプログラムとは・・・

ULのトレーサビリティプログラムの一つであり、加工された電線のUL認証を保証するためのプログラムです。
2009年7月よりハーネス類のUL証明方法が変更され、材料証明書での証明ができなくなり、UL認証を保証するためにはUL登録工場で製造されたことを証明するULラベルが必要となりました。
当社はUL登録工場としての認証を取得しており、本製品は上記プログラムに対応したULラベルを貼付して出荷します。
ULワイヤリングハーネスプログラム

接続機種一覧

ネットワーク名 接続機種
CC-Link IE
コントーラネットワーク
シーケンサ iQ-Rシリーズ RJ71GP21-SX
Qシリーズ QJ71GP21-SX
QJ71GP21S-SX
パソコン用
インタフェースボード
Q81BD-J71GP21-SX
Q81BD-J71GP21S-SX
Q80BD-J71GP21-SX
Q80BD-J71GP21S-SX
ECP-CLECBD
ECP-CLECBDS
GOT 通信ユニット GT15-J71GP23-SX

仕様

ケーブル

項目 仕様
形 名 QG-AW QG-B QG-BU QG-VCT QG-C QG-DL
使用環境
・用途
盤内用 屋内用 屋内用
UL認定品
屋内
可動部用
屋外用 屋外補強型
(遮水)
最大ケーブル長 最大 550m
光ファイバ種別 マルチモード光ファイバ(GI)
伝送損失 3.0dB/km以下 [λ=850nm] 1.0dB/km以下 [λ=1300nm]
伝送帯域 500MHz・km以上 [λ=850nm] 600MHz・km以上 [λ=1300nm]
規 格 IEC60793-2-10
A1a.1準拠
IEC60793-2-10
A1a.1準拠
UL 1651
(UL TYPE OFNR)
IEC60793-2-10 A1a.1準拠
コア 材質 石英ガラス
外径 50±3μm
クラッド 材質 石英ガラス
外径 125±2μm
コード
外被
材質 PVC(橙色)
外径 φ2.0mm×2本 φ2.0mm φ1.8mm φ2.0mm
ケーブル
外被
材質 難燃PE
(橙)
難燃PVC
(青色)
弾性PVC
(橙色)
難燃PE
(黒)
LAPシース
(黒)
外径 φ6.0mm φ5.0mm φ6.0mm 2,4心 10.0mm
6心 11.0mm
8心 12.0mm
許容張力 60N以下 420N以下 2心 420N以下
4心 540N以下
6,8心 780N以下
許容曲げ半径 15mm以上※1 60mm以上※1 60mm
以上※2
60mm
以上※1
2,4心 100mm
以上※1
6心 110mm
以上※1
8心 120mm
以上※1
屈曲性能 1000万回
断線なし※3
(曲げ半径:
60mm時)
概算質量 8kg/km 35kg/km 20kg/km 30kg/km 35kg/km 2,4心 75kg/km
6心 100kg/km
8心 120kg/km
使用範囲温度 −20℃ 〜 60℃
適用コネクタ LCFコネクタ(LCコネクタ2個連結)※4、SCコネクタ、FCコネクタ
λ:測定用光源の中心発光波長
  • ※1固定時(無荷重)の曲げ半径です。
  • ※2無荷重時の曲げ半径です。コード部分は可動部で使用できませんのでご注意ください。
  • ※3試験結果であり保証値ではありません。(お客様のご使用環境により性能は異なります。)
  • ※4CC-Link IE コントローラネットワーク製品との接続はLCFコネクタになります。
    (LCFコネクタ…LCコネクタを2個連結したコネクタ。)
    CC-Link IE コントローラネットワーク用光ファイバケーブル敷設の際は、CC-Link協会発行の敷設マニュアルを参照ください。

コネクタ ※単品では販売しておりません。

   
項目 内容
名 称 LCFコネクタ SCコネクタ FCコネクタ
形 名 DLCF-G50-D2 DSC-G50-D2 DFC-G50-D2
接続損失 0.3dB以下(対マスタファイバ)
研磨方式 PC研磨
規 格 IEC61754-20:TypeLC準拠 IEC61754-4 IEC61754-13
外 形
用途 CC-Link IEネットワーク製品接続用 中継用

構造

外形図(LCFコネクタ)

LCFコネクタ外形図

断面図

QG-AW
(盤内用)
QG-B(屋内用)
QG-VCT
(屋内可動部用)
QG-BU
(屋内用UL認定)
QG-C
(屋外用)
QG-DL
(屋外補強型)
QG-AW型 QG-B型 QG-VCT型 QG-BU型 QG-C型 QG-DL型

ケーブル選定

布設環境別

■屋内環境

適用区分 QG-AW QG-B QG-BU QG-VCT QG-C QG-DL
屋内・配管 × △1 △1 △1 △1
ラック △2
ダクト △2
フリーアクセス △2
盤内 △5 △5 △5 △5 △5

■屋外環境

適用区分 QG-AW QG-B QG-BU QG-VCT QG-C QG-DL
地下管路 適 用 外 △1,3
ラック ○1
トラフ △2,3
架 空 × △4
直埋 × ×
水没環境 × ○1
  • ○:適用可
  • ○1:コード部は不可。
  • △:条件不可
  • △1:光専用ルートの場合可。
  • △2:曲がり部や接触部を保護して外力がかからない場合可。
  • △3:水没しない場合可。
  • △4:支持線を別に張り、それにケーブルをそわせて固定する場合可。
  • △5:曲げ半径や収納スペースが許せば可。
  • ×:適用不可
いずれの場合も他の電線等の下敷きにならないよう布設して下さい。
屋内でも冠水や水没のおそれがある場合は屋外環境用ケーブルを使用してください。

マニュアル&カタログ

QGシリーズ ユーザーズマニュアル

QGシリーズ ユーザーズマニュアル

2020年9月作成

FAソリューションパーツ総合カタログ

仕様書

QG-AW型(盤内用)

日本語版 <X903703D50018-H00B>QG-AW仕様書PDF (181KB) 英語版 <X903703D50018-H04>QG-AW英語版仕様書PDF (246KB)

QG-B型 (屋内用)

日本語版 <X903703D50018-H01C>QG-B仕様書PDF (182KB) 英語版 <X903703D50018-H05>QG-B英語版仕様書PDF (406KB)

QG-BU型 (屋内用UL認定)

日本語版 <X903703D50059-H00>QG-BU仕様書PDF (187KB) 英語版 <X903703D50059-H01>QG-BU英語版仕様書PDF (277KB)

QG-VCT型 (屋内可動部用)

日本語版 <X903703D50056-H00E>QG-VCT仕様書PDF (308KB) 英語版 <X903703D50056-H01>QG-B英語版仕様書PDF (337KB)

QG-C型 (屋外用)

日本語版 <X903703D50018-H02C>QG-C仕様書PDF (192KB) 英語版 <X903703D50018-H06>QG-C英語版仕様書PDF (208KB)

QG-DL型 (屋外補強型)

日本語版 <X903703D50018-H03C>QG-DL仕様書PDF (401KB) 英語版 <X903703D50018-H07A>QG-DL英語版仕様書PDF (529KB)

付属品

保護ホルダ

■特長

保護ホルダ
CC-Link IE コントローラネットワーク用光ファイバコードは
曲げ半径15mm以上の確保が必要であり、許容曲げ半径未満にしてしまうと
損失増加、さらには断線に至る可能性があります。
この保護ホルダの使用により、コネクタ根元の光ファイバコード保護及び
最小曲げ半径を20mm以上に確保することができ、また、光コネクタブーツ部を
重力方向に曲げることによりシーケンサ正面の省スペース化も図れます。
ケーブル1本に1個同梱

■仕様

適応光ファイバケーブル QGシリーズ
適応光コネクタ DLCF-G50-D2
使用環境 制御盤内用・周囲温度:-20〜+60℃
用途 コネクタ根元の保護・折損防止
最小曲げ半径の維持
制御盤内の省スペース(シーケンサ正面から保護ホルダ端まで60mm以下)
保護ホルダは当社LCFコネクタ専用になりますので保護ホルダ単体での販売はしておりません。
また、他社LCFコネクタには装着できません。

■各部&外形寸法図

名称&外形寸法

■注意事項

  • ・保護ホルダ装着時、光ファイバコードを引っ張って取り付けないようにしてください。
  • ・保護ホルダ装着時、光ファイバコードが局所曲げにならないようにご注意ください。
  • ・コネクタがスムーズに保護ホルダに挿入されない場合は、無理に押し込むのではなく一度取外し、干渉がないことを確認しながら再度挿入してください。
  • ・光ファイバケーブルの自重あるいは引張り力が直接光コネクタ部分に掛からないように適当な箇所に結束バンド等で固定してください。
  • ・ユニットからコネクタを外す際は、ケーブルを引っ張らず必ずコネクタを引いてください。
  • ・コードを保護ホルダのフックやコード押さえから外していない状態では、絶対にコネクタを取外さないでください。断線の原因になります。
  • ・当社製コネクタ以外に装着したり、また、破損した保護ホルダを使用したりすると破損、損失増加の原因になりますので、絶対におやめください。

オプション

中継アダプタ(2個入り)

光ファイバケーブルの延長(中継接続)や、将来増設予定局部の仮接続に。

  • QP-AWは中継接続できません。
LCFコネクタ用中継アダプタ

■LCFコネクタ用中継アダプタ

  • 形名 :SPAD-LCF-G50
  • 適用コネクタ :LCFコネクタ、LCコネクタ
  • 仕様 :マルチモード用2心 接続損失0.3dB(対マスタファイバ)
SCコネクタ用中継アダプタ

■SCコネクタ用中継アダプタ

  • 形名 :SPAD-SCF-G50
  • 適用コネクタ :SCコネクタ
  • 仕様 :マルチモード用2心 接続損失0.3dB(対マスタファイバ)
FCコネクタ用中継アダプタ

■FCコネクタ用中継アダプタ

  • 形名 :SPAD-FC-G50
  • 適用コネクタ :FCコネクタ
  • 仕様 :マルチモード用単心 接続損失0.3dB(対マスタファイバ)

コネクタ着脱工具

パソコンの背面スロットなどの狭いスペースへのコネクタ着脱に。

SCT-SLM
  • 形名 :SCT-SLM
  • 適用コネクタ :LCFコネクタ/LCコネクタ/SCコネクタ/MUコネクタ

指定方法

ご注文時の指定方法

  • QP/QG
    @
  • G50
    A
  • nC
    B
  • □M
    C

  • D

  • E

■形名にてご注文ください。1m単位で製作いたします。

@ケーブルシリーズ名 QP:プラスチック光ファイバケーブル(QPシリーズ)
QG:石英ガラス光ファイバケーブル(QGシリーズ)
A光ファイバ種類 G50:コア径50μm GIケーブル
B心線数 2C:2心、4C:4心※16C:6心※18C:8心※1
Cケーブルの長さ
・ケーブルのみ※2
・コネクタ付:QPシリーズ・・・1〜10m、QGシリーズ・・・1〜550m
D使用環境
AW :盤内、B:屋内、BU:屋内型UL認定品、C:屋外、DL:屋外補強型、VCT:屋内可動型)
E使用コネクタ LL:両端LCFコネクタ)、無し※2:ケーブルのみ
  • ※1DLタイプのみの対応となります。
  • ※2QPシリーズではケーブルのみは販売しておりません。

■その他、下記コネクタも対応可能です。※3,4

LS
片端LCFコネクタ−片端SCコネクタ
FF
両端FCコネクタ
LF
片端LCFコネクタ−片端FCコネクタ
SF
片端SCコネクタ−片端FCコネクタ
SS
両端SCコネクタ
LN
片端LCFコネクタ−片端コネクタ無し※5
  • ※3QPシリーズは両端LCFコネクタのみの対応となります。
  • ※4上記製品以外にも高難燃仕様や直埋用などの特殊品もご用意しております。別途ご相談ください。
  • ※5両端コネクタ加工後、損失測定を実施し片端コネクタを切断しております。

現地工事

光コネクタ取付工事 及び 融着接続工事(オプション)

  • QPシリーズのコネクタは現地工事できません。

安全第一現地での光コネクタ取付工事及び融着接続工事のご用命も賜っております。現地工事ご用命ください
当社までお気軽にご相談ください。

■融着接続例

GI型光ファイバは融着接続によって、ケーブルを延長することができます。
融着接続例
当社SG-ELはCC-Link IE コントローラネットワークでお使いいただけます。

成端箱

成端箱
融着接続部や中継接続部の保護部材。
SG-ELタイプは成端箱内で融着接続となります。(コネクタは直接取付できません)

注意事項

布設工事を行う前に、必ずお読みくださるようよろしくお願いいたします。

  • 布設経路について
    • 布設経路にはできるだけケーブルラックをご使用ください。
      電線管などの管路の場合は、コネクタ等の寸法を考慮した管径を選定してください。また、管路途中にプルボックスを設ける場合は、ケーブルの許容曲げ半径を満足するものを選定してください。布設経路はできるだけ専用としてください。他のケーブルと共有する場合は、光ファイバケーブルを最後に布設してください。布設は水や油などの侵入、適応周囲温度外の高低温などの無い経路としてください。
  • 管路の場合
    • AWタイプはケーブルを直接けん引せず、延線ロープなどに固定して布設してください。
      B、Cタイプは先端のケーブルで輪を作り、引っ掛けてけん引してください。コネクタ付の場合はAWタイプ同様にコネクタ部を養生し、延線ロープなどに固定して布設してください。また、DLタイプは中心テンションメンバにプーリングアイを固定してけん引してください。
  • 延線時の注意事項
    • ケーブルの引張速度は10m/分以下とし先端けん引してください。
      また、ケーブルにかかる張力が均一になるようにし、許容張力の1/2以下で延線してください。延線時の曲げ半径は許容曲げ半径の2倍以上としてください。
  • 許容張力に対する保護
    • 垂直に布設する場合や架空配線工事の場合、ケーブルの自重による張力が許容張力を超えないように支持してください。
  • コネクタ部分の保護
    • コネクタ部分は折り曲げずに、ビニールホースやプーリングアイなどで保護して布設してください。
      また、衝撃や引張力に非常に弱いため、引張らないでください。

ページトップに戻る