ここから本文

よくあるご質問(FAQ)

無線ユニット

無線ユニット 共通

特定小電力無線とは?
特定小電力というのは無線機器が規格を満足していれば、ユーザー側の免許が要らない無線機のことです。
各周波数ごとに国で定められた規格にのっとり通信を行います。
技術基準適合証明とは何ですか?
電波法に基づいた基準認証制度です。
技術基準適合証明を受けた無線設備を使用する場合には免許がいりません。
海外で使用できますか?
使用できません。(海外の電波法や安全規格には適合していません。)
工場などのノイズの多い場所でも使えますか?
耐ノイズ試験を実施しクリアしています。(シーケンサと同レベル)
実際の環境において動作確認して頂く事をお勧めします。
ただし、ノイズ発生源の近くでご使用いただく場合、通信異常が発生することがありますので ご使用される場合は実際の環境にて動作確認を行なってください。
妨害電波などにより誤動作することはありますか?
データ受信時に誤り検出を行なっていますので妨害電波や電波環境による データ化けが発生した場合でも誤動作することはありません。(誤り検出されたデータは破棄します。)
通信中に電波が途切れるとどうなりますか?
通信リトライ後、出力信号を全点OFF又はHOLDします。
(通信リトライ後から出力信号制御を開始するまでに遅延時間を設定することができます。パラメータにて設定。)
通信異常が解除されると出力信号は復帰します。
携帯電話により誤動作したり、使えなくなりませんか?
携帯電話・PHS等が使用している周波数帯と弊社無線機で使用している周波数帯は 違いますので影響を受けることはありません。
電波干渉(混信)しませんか?
同じ周波数帯の無線機を使用している場合は、電波干渉により無線送信が出来なくなる場合や、応答速度に遅れが生じる場合があります。
※他の無線機の信号を誤受信することはありません。
複数台を近くで同時に使うことができますか?
電波を利用しておりますので、混信を防ぐ為には違う周波数での運用が必要ですが、弊社の無線機は複数の周波数を用意しておりますので、同一エリア内でも複数台の運用が可能です。別途ご相談ください。
本製品が発する電波がペースメーカーなどの医療機器に影響を与えることはありますか?
現在、わかっている範囲では影響が無いという見解です。
ただし、根拠となる文献は実験データに基づいて作成されたものなので当社製品について100%保証するものでありません。
限りなく影響が無いということです。詳細については以下の文献にて紹介されています。
電波環境協議会「医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」
人体への影響はありますか?
現在、わかっている範囲では影響が無いという見解です。
(携帯電話、PHSにおいても同様)・携帯電話(最大出力800mW) > PHS(最大出力80mW) > 特定小電力無線(出力10mW)
詳細については以下の文献にて紹介されています。
・電気通信技術審議会答申「電波利用における人体の防護指針」
・社団法人電波産業会が策定した「電波防護標準規格(RCR STD-38)」
(適用が除外される無線機器:平均電力が20mW以下の無線局の無線設備)
医用電気機器への影響はありますか?
影響は少なからずあります。
医用電気機器がノイズに弱い場合に影響を受けやすいという意味です。
[下記指針からの抜粋]・特定小電力無線局から発射される電波による医用電気機器への影響は携帯電話端末と比較して小さいものの、これらの特定小電力無線局を医用電気機器の間近まで近づけた場合に、ノイズ混入、誤動作等の影響を受けることがあるため、医用電気機器に小電力無線局を近づけないよう注意することが望ましい。詳細については以下の文献にて紹介されています。
電波環境協議会「医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」
無線機据付の注意点はありますか?
取付け位置(高さ・障害物等)、アンテナの向きにより電波状態が変わりますので通信が安定するように調節してください。
リアルタイム性が必要な用途での使用はできますか?
有線とは違い、妨害電波・電波環境の悪化等により伝送情報の遅延が発生する場合がありますので、緊急を要するものに関しては使用しないでください。
また、外部電源の異常や本製品本体の故障でも、システム全体が安全側に働くように本製品の外部で安全回路を設けてください。
屋外で使用できますか?
屋外仕様ではありませんので直接屋外に設置することはできません。屋外仕様のプラスチックケースに入れてご使用ください。また、設置場所として直射日光のあたらない日陰に設置してください。
雨の影響はありますか?
雨や雪でも影響はありません。(100%無い訳ではありませんがご使用上問題ありません。)
通信距離はカタログスペックが限界ですか?
カタログスペック以上の距離でご使用になる場合は通信異常が発生する頻度が高くなりますので中継局の設置をお勧めします。
(注)通信距離は障害物など周囲の環境、設置場所等で異なります。
標準価格は?
※付属アンテナ、ユニット種類により異なります。
詳細は価格表を参照ください。
試験機やデモ機はありますか?
無料貸出し機を準備しております。
購入前に実環境での通信確認をお願いします。
コンクリートや鉄板を通して通信できますか?
コンクリートや鉄板では電波は通りません。
設置場所の変更や、中継局の使用をご検討ください。
ワイヤーガラスを通して通信できますか?
ワイヤーの密度、太さにより通信への影響は異なります。
無料貸出し機で通信可能かご確認ください。

920MHz無線ユニット(SWL90シリーズ)共通

伝送距離の目安は?
  • 【温湿度センサタイプ】
    内蔵アンテナ:約40m(見通し)
    外部アンテナ:約80m(見通し)
  • 【上記以外のユニット】
    屋内:約100m(見通し)
    屋外:約400m(見通し)
※障害物などの周囲環境により異なります。
中継局は何台まで接続できますか?
最大5台(親局から5台中継させ、末端の子局と通信することができます。)
使用温度範囲は?
温湿度センサタイプ(SWL90-TH1)・・・-20~70℃
パルスカウントタイプ(SWL90-PL3)・・・-20~65℃
上記以外のユニット・・・0~55℃
通信が途中で途切れたらどうなるのでしょうか?(信頼性は?)
無線通信エラー時は信号が届かない為、以下の機能でエラー状態を監視し、安全に動作するようシステム設計をお願いします。
  • ①上位コントローラで無線子局のエラー情報を監視できます。
    (無線親局から上位コントローラへ子局のエラー情報を通知します)
  • ②入出力子局のエラー出力にランプ、ブザーを接続することで、子局側でエラーを監視できます。
  • ③無線通信エラー時に入出信号をホールド(エラー前の状態を保持)するか、クリア(OFF)にするかパラメータで選択できます。詳細については取扱説明書を参照ください。
  • 【Ethernetタイプ(SWL90-ETMC)の場合】
    ユーザーズマニュアル(詳細編)はコチラ
  • 【MODBUSタイプ(SWL90-R4MD)の場合】
    マニュアル(ユーザーズマニュアル詳細編(ver.3.00)、インターフェース編)はコチラ
障害物(遮蔽物)がある環境で使用できますか?
920MHz帯は、2.4GHz帯に比べ回析性が高く障害物に強い特性を持っています。
無料貸出し機を準備しておりますので、購入前に実環境での通信確認をお願いします。
最大何台まで接続できますか?
親局1台あたり子局64台まで接続可能です。
  • ※MODBUSタイプ親局(SWL90-R4MD)と温湿度センサタイプ子局(SWL90-TH1)の組合せ時は、子局台数は60台までとなります。
どのような場面で使用できますか?
以下のケースでご利用いただけます。
  • ①生産ラインのレイアウト変更が頻繁で、配線の手間を省きたい場合。
  • ②建屋間など、屋外での配線コストが高額で配線できない場合
  • ③AGVなど移動体の監視を行いたい場合。
  • ④既設の設備に信号を付け足したいが、配線が面倒な場合。
他社のPLCと繋がりますか?
以下の通信プロトコルに対応していれば接続可能です。
  • ①Ethernetタイプ(SWL90-ETMC)・・・SLMP
  • ②MODBUSタイプ(SWL90-R4MD)・・・MODBUS-RTU
他社のセンサ類と接続できますか?
アナログ出力やMODBUS-RTU通信機能があれば基本的に接続可能です。
購入前に無料貸出し機にて接続確認をお願いします。
無線ユニットのレジスタにユーザエリア(任意で書き込みが可能)はありますか?
ユーザーが任意で書き込めるレジスタ領域はございません。
アドレス割付、レジスタの一覧表はありますか?
下記マニュアルに記載しております。
920MHz帯 無線ユニット[Ethernetタイプ(SWL90-ETMC)]ユーザーズマニュアル(詳細編)
920MHz帯 無線ユニット[MODBUSタイプ(SWL90-R4MD)]MODBUSインタフェース編

温湿度センサ(SWL90-TH1(E))

温湿度センサの電池寿命は?
5年(送信間隔1 分 at25℃)電池寿命は保障値ではありません。
常温以外でのご使用や、無線通信状態が悪い場合は電池寿命が短くなります。
ビニールハウスのような高温多湿の場所で使用できますか?
各ユニットの使用温度範囲および湿度範囲内(5~95%RH)であれば使用可能です。
※結露・氷結しないこと

ページトップに戻る